スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 バガボンド。
2005年01月24日 (月) | 編集 |
これはおすすめしとかないと。

バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (20)
バガボンド / 井上雄彦

まぁ今さらたっきーがここで説明しなくてもいいくらい人気あるので
特にあらすじとか書きませんけどw
まぁ、あれですよ。
宮本武蔵。

やっぱ最初はスラムダンクの作者だからってだけで読み始めましたw
あ、でもリアルは読んでないんだよなぁ~。
てか絵がものすんごい迫力だね。
スラムダンク1巻の頃とは大違いw(←当たり前だ)

原作は吉川英治さんだけど、
そこに井上さんの絵がものすごくマッチしてて素晴らしいです。
武蔵が成長していく過程も見てて楽しいしハラハラドキドキ。
んで時にはいろいろと考えさせられたり。

今は休載中なんですか??
雑誌のほうは読んでないのでそこらへんはわかんないけど、
早く続き読みたいですねぇ。

ついでに、無理だとはわかっていても
スラムダンクの続編にも期待してしまいます。
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「俺は生きていいのか…?」天才剣士、宮本武蔵の産声はありのままの涙とともに発せられました。武蔵(タケゾウ)としてのそれまでの人生。それは、他者を拒絶し心を通わせるというコミュニケーションを選択せざる負えなかった「鬼の子」としての人生でした。...
2005/01/25(火) 20:10:00 | しろの木
バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (1)井上 雄彦講談社 1999-03...
2005/01/31(月) 00:13:00 | 円相堂
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。