スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 さおだけ屋はなぜ潰れないのか
2005年06月30日 (木) | 編集 |
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
山田 真哉 / 光文社





カテゴリが漫画なのは見て見ぬふりでw
会社の近くの本屋の「今週のベストセラー」みたいなとこにランクインしてて、
「そーいやさおだけ屋なんてあったなぁ~」と思う程度でスルーw
その後R25にこの本の紹介が。
会計の本だったのか!!
でも話題が身近でおもしろそうやん!!
ってことで買ってみました。
一気に読みました。

ものの見方、考え方が変わりましたね。
もちろん会計そのものにも興味わきました。
まさに作者の思うツボですw
でもほんと、買ってよかった。
まぁそれでもやっぱり会計は難しいってイメージは
そう簡単には崩れないから勉強するこたぁないだろけどw

スポンサーサイト

 ゼロの焦点。
2005年06月27日 (月) | 編集 |
ゼロの焦点
松本 清張 / 光文社





カテゴリ漫画にしちゃったけど、もち小説ですw
だって漫画しか作ってないんだもん~。
あと、上に載ってるのは新書版だけど、
たっきーが買ったのは文庫のほうですw
だってNO IMAGEだったんだもんっ!!

で、ゼロの焦点。
なんかお見合い?結婚した夫婦の夫が失踪して、
それを妻が探すってお話。
結婚したのは東京だけど、
夫が失踪したのが石川県ってことで、
妻も石川県は金沢を中心に探し回るという。
で、そこに出てくるのが以前紹介した能登は巌門なんですねぇ。
でもそこが舞台ってわけでもなく、
ほんと金沢中心に鶴来やら能登をちょこちょこってかんじ。
地元なだけあってどこらへんなのかな~とか想像して読んでると楽しかったです。
でもこれ、時代が昭和30年前半ごろと思われる。
ちょっとさすがに、ねぇ・・・。

んで肝心の作品の出来なんですが・・・
奥さん!自己解決しちゃってますから~!みたいな?w
ネタバレになるとアレなんで詳しくは書かないけど、
こーゆう火曜サスペンス系って・・・ねぇ?w
ちょっとそこらへん期待はずれっちゅーか。
ひねりにひねってはあるけれど、なんかイマイチ。
不完全燃焼ってかんじ。

なもんでこれ読み終わった後に森村誠一読んで完全燃焼させましたw
たっきーは森村さんのほうが好きw(←結論?


 イエスタデイをうたって。
2005年01月31日 (月) | 編集 |
今回はコチラ。

イエスタデイをうたって (Vol.2)
イエスタデイをうたって / 冬目景

不思議なマンガだなぁ~ってのが読み終わっての感想。
めっちゃおもしろい!!ってわけじゃないんです。
主人公たちの日常を描いてるだけ。
別に魔法が出てきたり誰かと戦ったりするわけでもなく。
コンビニでバイトするフリーターくんの日常。
まぁ好きな人にアタックするも友達止まりだったり、
カメラに興味があったり、ただ何となく毎日を過ごしてる辺り、
ものすごく親近感がわきますw
なんちゅーか、すごい変な気持ちですねぇ。
うれしいような切ないような楽しいような悲しいような。
いろんな想いがジワジワとせめてきます。
こんなマンガ初めてなんでちょいと戸惑いつつも
何度も読み返して癒されたくなるような・・・
うーん、ほんとに不思議なマンガだw


 グッドモーニングコール。
2005年01月29日 (土) | 編集 |
たっきーの大好きなマンガ。

グッドモーニング・コール (1)
グッドモーニングコール / 高須賀由枝

これ何がきっかけだったかなぁ。
大学サボリ気味だったときに、
ふらっと立ち寄った本屋でたまたま見かけて買ったらよかったみたいなw
そこからはまりましたね。
こーゆう絵大好きです。
ストーリー的にはコテコテの少女マンガってかんじだけどw
あと、作者がB’z好きってのも親近感わきましたねぇw

ちなみにこの人の作品は全部持ってます。
ツボにはまると全部そろえたくなるんですよねぇ^^;
でも短編が多いのがちょっと残念。
とゆわけで一番のおすすめはこのグッドモーニングコールですねぇ。


 バガボンド。
2005年01月24日 (月) | 編集 |
これはおすすめしとかないと。

バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (20)
バガボンド / 井上雄彦

まぁ今さらたっきーがここで説明しなくてもいいくらい人気あるので
特にあらすじとか書きませんけどw
まぁ、あれですよ。
宮本武蔵。

やっぱ最初はスラムダンクの作者だからってだけで読み始めましたw
あ、でもリアルは読んでないんだよなぁ~。
てか絵がものすんごい迫力だね。
スラムダンク1巻の頃とは大違いw(←当たり前だ)

原作は吉川英治さんだけど、
そこに井上さんの絵がものすごくマッチしてて素晴らしいです。
武蔵が成長していく過程も見てて楽しいしハラハラドキドキ。
んで時にはいろいろと考えさせられたり。

今は休載中なんですか??
雑誌のほうは読んでないのでそこらへんはわかんないけど、
早く続き読みたいですねぇ。

ついでに、無理だとはわかっていても
スラムダンクの続編にも期待してしまいます。


 シティーハンター。
2005年01月23日 (日) | 編集 |
たっきーの一番好きなマンガ。

シティーハンター 25 完全版 (25)
CITY HUNTER / 北条司

なんで海坊主かな・・・w

きっかけはアニメでした。
TMNのGet Wild。
まだ幼稚園とかそこらだったたっきーが
この曲聴きたさにアニメ見てましたw
なもんでエンディングが近くなると目が輝き出すw
ちょっとおかしな子でした^^;

ちなみに冴羽獠はルパンとともにたっきーが尊敬するキャラです。


 フルーツバスケット。
2005年01月22日 (土) | 編集 |
もいっちょ。
めっちゃ少女マンガですけどw

フルーツバスケット 16 (16)
フルーツバスケット / 高屋奈月

たしかかてきょやってたときの生徒のお姉ちゃんが持ってて、
それを貸してもらったのがきっかけだったかな。
相変わらず本屋で買うのは抵抗ありますけど揃えてますw

主人公の本田透(♀)と彼女がお世話になってる草摩家のお話。
草摩の方々は異性に抱きつかれると動物になってしまうという
なんともメルヘンチックなお話・・・なのか!?w

ふだんは何でもアリのドタバタコメディ?ですけど、
たまに(けっこう?)まじめなお話もあって、
考えさせられますねぇ。(←何を?w)
ちょっと一気に読むには内容がいっぱいつまっててアレですけど
そんだけボリュームもあって読み応えもあります。

ちなみに一番好きなキャラは夾くん(ネコ)です。
しぐれ兄さんもけっこう好きw


 デスノート。
2005年01月22日 (土) | 編集 |
最近マンガって全然読まなくなったんですけど、好きですw
んでたまたま読んでみたらおもしろかったのがコレ。

DEATH NOTE (1)
DEATH NOTE / 原作・大場つぐみ 漫画・小畑健

死神のリュークさんが落としたノート。
名前を書いたら死ぬってやつ。
それを拾ったのが主人公?の八神月(ライト)。
で、理想の社会を作るべくノートを使い凶悪犯を殺していくと。

一方、凶悪犯が次々に死んでいく不思議な事件を解決するべく
Lって人が八神月に挑戦していくと。

あらすじはわかりにくいけどこんなかんじで^^;

なんかもう早く続きが読みたくなるくらい毎回ハラハラドキドキですよ。
こんなのはドラゴンボール以来ですねw
全然ジャンルは違うけどw
サスペンス好きな方はぜひ♪

あと死神のリュークさんって、
「ついでにとんちんかん」に出てた抜作先生と
キャラがかぶってしまうんですが、たっきーだけですか??w
なんか雰囲気というか、イメージがw


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。